希少価値の高い物品|サクッと売って丸儲け、買取業者依頼

価値の高いもの

シルバーの腕時計

文化大革命以後の中国切手は数が少なく価値が高い

日本では馴染みの薄い中国切手ですが、中国では大きなブームになっています。中国では文化大革命で切手の収集が禁じられたこともあり、この時に多くの切手が失われました。そのため、文化大革命のあった1960年代から80年代頃の中国切手は、中国国内でも数が少ないのが現状です。今、残っているのは旅行で訪れた観光客が購入したものが大半で、その中でも日本にはその時期の中国切手が数多く残っています。そして、最近では中国の生活水準も上昇し、人々が土地や株、美術品などを買い求めるようになりました。切手もそうした対象の1つで高い人気があります。中国切手は現在非常に高値で買取されています。代表的なものは1980年発行の年賀切手「申」です。中国発の年賀切手ということもあり、たった1枚で10万円以上の買取価格になる場合があります。この他にも、毛主席の最新指示やオオバンダなど、特に文化大革命前後の切手の買取価格が高いです。

専門店なら切手を高値で買取してくれる

中国切手は日本よりも中国国内での投機として人気があるのが特徴です。日本を訪れる中国人観光客が、日本でレアの中国切手を買い求める場合もあります。最近ではブームによる価格の急上昇も収まってきていますが、それでもまだまだ高い人気があります。この中国切手を売る場合は、中国切手に詳しい専門店を利用することが一番です。切手の人気によっては買取価格が大きく変動するため、専門店でしっかり鑑定してもらうことが大切です。中国切手を高く買取してもらうためのコツもあります。まず、切手をシートから切り離さずに、購入した時の状態で査定に出すことです。また、切手の状態が良いものほど査定結果も良くなります。もしコンプリート品があるなら、より高値で買取してくれます。中国切手はブームである今が売り時です。もし手元にあるなら、一度専門店で見てもらうといいでしょう。